免許制度が変わりました

平成29年3月12日より免許制度が変わりました。

普通免許で運転できる範囲が狭くなりました



2tトラック』とは一般的に最大積載量のことを言いますが、免許の条件欄の「(5t)に限る」等の表記は車両総重量のことを指します。

平成29年3月11日までに取得した普通免許
最大積載量:3t未満
車両総重量:5t未満
〈改正後〉5t限定準中型免許

平成29年3月12日以降に取得した普通免許
最大積載量:2t未満
車両総重量:3.5t未満
〈改正後〉普通免許

改正後の普通免許で総重量3.5t以上を運転する場合は、準中型免許が必要になります。
準中型免許を取得すると18歳総重量7.5t未満のトラックが運転できるようになります。

自動車学校の主な教習時限

 普通免許教習時限 MT
技能:34時限(最短)
学科:26時限
AT
技能:31時限(最短)
学科:26時限
 旧普通免許の
5t限定解除をする場合
MT
技能:4時限(最短)
AT
技能:8時限(最短) 
 普通免許を取得せず、
準中型免許を取得する場合
技能:41時限(最短)
学科:27時限
 
 普通免許を取得後、
準中型免許を取得する場合
MT
技能:13時限(最短)
学科:1時限
AT
技能:17時限(最短)
学科:1時限

※この改正には、平成19年6月1日以前に普通免許を取得した8t限定中型免許の運転者は影響を受けません。施工後もこれまで同様、普通免許で総重量8t未満の車まで運転できます。
 同様に、平成29年3月11日以前に普通免許を取得している運転者も総重量5t未満までの車まで運転できます(5t限定準中型免許)。
 なお、5t限定免許の運転者が総重量7.5t未満の準中型免許に移行する場合は、限定解除の審査を受ける必要があります。





Copyright (C) 2009 Misawa chuo jidousya gakkou. All Rights Reserved.